2008年12月31日

TOEIC #143 スコア証書の所見

今回スコアが上がったことは,TOEICの結果 ↑↑ だが…にて書いたとおりですが,スコア証書(Official Score Certificate)が届きました.ですので,前回から今回やったことを踏まえて,所見を書いてみようかなと.

■スコアの変化:

 前回08年03月:L400, R415, T815 (団体試験)

 今回08年11月:L435, R430, T865 (公開試験 初受験)

■前回から今回にかけてやってみたことの概要

日々の英語トレーニングで意識してやったことは,

 ネイティブスピードで声に出して読む

です.聞く・読むの両方のスピードアップが狙いでした.

iKnow!や市販教材を使いました.(具体的な内容ややり方は後日書く予定です)

それから,試験直前の1ヶ月では市販の模試をやりまくりました.(具体的なやり方は後日書く予定です)

 新TOEICテスト 直前の技術スコアが上がりやすい順に学ぶ

 新TOEICテスト「直前」模試3回分

 TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉

■ABILITIES MEASUREDの変化と所見 (参考)

※異なる試験では,本来比べられないそうです.

「今回の正答率をあなたが他のテストフォームで受験した際 のものと比較することはできません」とレポートにはあるので.

とはいえ,全く比べられないはずはないので,傾向を見るのには 役に立つハズなのでは?

リスニング,リーディングの長文に関しては,全般的に「聞く・読むのスピードアップ」のトレーニングが役に立っているような雰囲気です.

リーディングの文法・語彙に関しては,試験中に前回よりも難しく感じられた,特に語彙に関してはPart 5の最後の3問くらいは「この単語見たことないぞ」と思いました.

リスニング

L1: 短い会話,アナウンス,ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点,目的,基本的な文脈を推測できる

 前88%→今89%

L2: 長め会話,アナウンス,ナレーションなどの中で明確に述べらている情報をもとに要点,目的,基本的な文脈を推測できる

 72%→82%

L3: 短い会話,アナウンス,ナレーションなどにおいて詳細が理解できる

 78%→95%

L4: 長めの会話,アナウンス,ナレーションなどにおいて詳細が理解できる

 88%→79%

リーディング

R1: 文書の中の情報をもとに推測できる

 64%→94%

R2: 文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる

 89%→95%

R3: ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連づけることができる

 75%→95%

R4: 語彙が理解できる

 97%→77%

R5: 文法が理解できる

 96%→88%

■今回のまとめとこれから

「聞く・読むのスピードアップ」トレーニングは当たりだったので,次回受験までは続けてみようかと.語彙については,考え中…

posted by N.YOSHI at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 受験コメント


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25754631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック