2010年04月11日

TOEICスコアアップ 小集団活動(2)

前回の記事でほんのさわりを紹介した,私がコーチ役となって進めたTOEICスコアアップトレーニング活動.その概要は以下の通りでした.

時期:05年8月から9月にかけての5週間

参加者:当時の職場の同僚9名.全員が理系出身で男性技術者
TOEICスコア470点未満 2名,470以上600点未満 3名,600点以上 4名

目標:参加者9人中8人以上が,TOEICスコア 自己ベストを更新する

方法:参加者は期間中に,コーチからの指示に従って市販テキストを自習する.期間終了後TOEICを受験して目標達成を判定する.

結果:全員自己ベスト更新.自己ベストからのスコアアップ 平均50点

今回は「方法」について説明します.

まず,用意する市販テキストは,これまで何度か取り上げているこれです.

Amazon
新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27

※トレーニング活動当時は,旧形式用を使用しました.

「直前5日間で」とうたっているテキストを,5週間かけてやり込みます.

最初の2週間で1回,以降1週間で1回のペース,合計5週間で4回繰り返します.

このときの勉強時間のルールですが,

1日30分.週5回.

30分は,15分×2など連続でなくとも良いが,大きく超過しないこと.

基本は平日にやること.平日でやれなかった分は週末で挽回すること.

としました.

また,次のようなルールを設けました.

毎週末,次の項目をコーチに報告すること

毎日の勉強時間,勉強した章,勉強場所・時間

期間中の毎週月曜に開催されるコーチ主催の「勉強相談会」に出席すること.相談会は,以下の内容でした.

参加者からの週末報告に関する,コーチの所見

勉強の進め方に関する相談

英文法に関する質疑応答

翌週以降の予定,翌週の勉強の進め方の注意点

1日30分とは,私の経験に基づいて,その程度ならちょっとがんばれば出来そうだと,という時間です.

勉強相談会を毎週開催するのは,参加者の間に「みんなでがんばろう」という意識を醸成するためです.特に勉強場所・時間を報告してもらうことは,「あの人も工夫して時間を捻出しているんだなぁ」と,参加者同士で刺激し合うことを狙いました.

これらを5週間繰り返し,合計13時間程度の勉強で平均50点アップすることができました.

次回は,方法について,各週でのポイント・注意点について書いてみたいと思います.

posted by N.YOSHI at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC力をつける


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37045318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック